内祝いの由来をチェック!お返しは食品や日用品などが一般的

Menu

お祝い返しの常識

男女

本来の意味とは

お祝い事があった時に親族、友人、知人などからお祝いの品物を頂くことがありますが、頂いた品物に対するお礼としてお返しをするのがマナーです。これを内祝いと言います。しかし、内祝いは本来お祝い返しという意味ではありませんでした。内祝いは、もともと自分のうち(内)にあったお祝いの記念に親族などに品物を贈り、喜びのお裾分けをする意味で行われていました。つまり、自発的に贈るものであり、頂いた品もに対するお礼ではなかったのです。内祝いとお祝い返しは異なるものですが、現在は混合されて考えられているのでそうした解釈でも間違いとは言えません。内祝いの種類はお祝い事によって変わります。結婚祝いの場合、式に招待した人はご祝儀がお祝いとなり、それに対するお返しが引き出物です。式に出席できない人でもご祝儀を贈れば引き出物でお返しをすることになるでしょう。また、品物でお祝いを頂いた方は引き出物とは別にお返しの品物を用意します。このようにお祝いの種類や相手によってお返しの品物を選ばなくてはなりません。お返しの金額は、頂いたお祝いの半額〜3分の1程度になります。長寿祝い、初節句、七五三、入園・入学祝、お歳暮・お中元などお返しが必要ないケースもあります。ただ、お祝い返しが必要ないとはいえ、お礼を伝えるのはマナーなので注意しましょう。日本は礼儀の国ですので、相手に失礼のないようにお祝いとお返しを考えて行動しなければなりません。

Copyright© 2018 内祝いの由来をチェック!お返しは食品や日用品などが一般的 All Rights Reserved.