内祝いの由来をチェック!お返しは食品や日用品などが一般的

Menu

しあわせのおすそ分け

風呂敷

お贈りする品選びとマナー

みなさんは、内祝いの正しい意味をご存知ですか。おそらく、お祝いをいただいた時のお返しと考えている方が多いのではないでしょうか。しかし実は、それはお祝い返しと呼ばれるものです。内祝いの本来の意味は、お祝いごとがあった家がその報告のために記念に親しい人に贈り物をする、または宴席を設けることなのです。つまり、お祝いをいただいてもいただいていなくてもお贈りすることができるものなのです。贈る際のマナーを、出産内祝いを例に挙げてご説明したいと思います。金額については、先にお祝いをいただいていればお祝いの半額程度の品を用意します。またお贈りする時期は、出産後から1か月頃が良いとされています。また、のしには赤ちゃんの名前を記載するようにします。内祝いは、受け取る方の好みに応じたものを選びましょう。しかし、出産後に何種類もの品を選ぶために外出するのは結構大変だという方も多くいらっしゃると思います。そういう方にお勧めなのが通販です。現在、様々な百貨店や通販サイトが内祝いの品を取り扱っています。通販では多くの商品から選ぶことができ、また内祝いに関する送料は無料とうたっているところもあります。インターネットで簡単に注文できますので、購入の際には通販を利用してみるのもよいかと思います。内祝いは何より、お祝いいただく人への感謝の気持ちのしるしです。なので、受け取る方が喜ばれるような品をお送りしたいものですね。

Copyright© 2018 内祝いの由来をチェック!お返しは食品や日用品などが一般的 All Rights Reserved.