内祝いの由来をチェック!お返しは食品や日用品などが一般的

Menu

カタログ

相手のことを考えて選ぶ

カタログギフトは引き出物選びの際、とても役立ちます。持ち帰りが楽になるだけではなく、幅広い年齢層に選んでもらえるようなものが揃っているからです。引き出物選びに悩む新郎新婦にとって、とても楽な方法と言えるでしょう。

贈り物

出産祝いのお返しの注意点

出産内祝いは、相手によって贈る品物を選ぶといいです。友人には自分ではあまり買わない物、ママ友には消耗品や実用品、職場の同僚には皆で分けられる物がいいでしょう。相手のライフスタイルに合わせて選ぶことも大事です。内祝いはお祝いをいただいて一か月以内に贈るのが理想です。通販サイトなら便利で選べます。

どんな時に贈るのか

内祝い

お祝いの種類

内祝いという言葉は聞いたことがあっても、その意味を正しく理解している人は多くありません。内祝いとは、身内のお祝いという意味です。本来は、自分の家にお祝い事があったので親類縁者などにお祝いの品物を多くって喜びを共有することが目的でした。しかし近年では親類縁者、知人、友人などから頂くお祝いの品物に対する「お返し」として用いられることが増えています。今では自分の家にお祝い事があっても品物を贈って喜びのおすそ分けをすることがなくなっているため、意味を正しく理解する人が減り、また解釈自体が変わってきたようです。本来の意味を理解しておくことは大切ですが、現在はお返しという意味での内祝いを考えましょう。内祝いには結婚式、出産祝い、新築祝い、開店・開業祝い、快気祝いなどがあります。他にも就職、昇進、退職など様々なシーンで用いられています。内祝いの金額は、頂いた品物などの半額程度のものをお返しします。品物はお祝いの種類によって変わるので一概ではありませんが、食品や日用品などが一般的です。例えば出産祝いのお返しの場合は赤ちゃんと同じ重さ(体重)のお米など、シーンに応じたお返しがあるのです。ただしタブーとされる品物もありますし、お祝いを頂いてもお返しする必要がないケースもあります。とはいえ、お返しをするのは気が引けるという方もいるので、本来のマナーにこだわりすぎる必要もないのかもしれません。自分だけでは判断に困る場合は親などに相談した上で決めましょう。

男女

お祝い返しの常識

頂いたお祝いに対するお返しはマナーとして行わなくてはなりません。特に若い世代は貰ってお仕舞いというケースも少なくはなく、内祝いの正しい意味とマナーを理解している人が少なくなってきているため注意しましょう。

冊子

選びやすいものを

引き出物の定番にカタログギフトがなりつつあります。もらう側がほしいものを選ぶことができること、持ち帰りの負担が少ないことなどが魅力です。内容などは様々なので最適なものを選ぶように注意しましょう。使いやすさにも注意が必要です。

風呂敷

しあわせのおすそ分け

内祝いの本来の意味とお祝い返しとの違いについて説明しています。また、内祝いをお贈りする際の金額・時期などのマナーについて、またお贈りする品を選ぶ際の選択肢として通販を利用するメリットをご紹介しています。

Copyright© 2018 内祝いの由来をチェック!お返しは食品や日用品などが一般的 All Rights Reserved.